肩甲骨と背中、肩の悩みと言えばコリと痛み。原因の解消とエクササイズで、コリと痛みの悩み解消情報まとめ

肩甲骨と背中の悩み解消.com

背中のこと

日本人の不調の代表「肩こり」と「腰痛」

投稿日:2017年4月28日 更新日:

日本人の多くの人が肩こりと腰痛に悩んでいるようで、厚生労働省の調べでは、平成25年国民生活基礎調査で、男性の一位が腰痛、二位が肩こりで、

女性は肩こりが最も多く、次いで腰痛を感じているというデータがあります。

 

まさに国民を代表する不調の一つです。

そんな肩こりと腰痛について今回は少しお話をしていきたいと思います。

 

肩こりといえば一昔前は、年配の方の専売特許のようなイメージでしたが、今ではスマホやパソコンなどの長時間使用で、年配の方だけではなく若者も肩こりや腰痛に悩む人が増えています。

テレビでも肩甲骨剥がしや筋膜リリースという肩こり解消法が紹介されています。

 

肩こりや腰痛の原因は様々で一概にはいえないのですが、どちらにも共通している原因は、筋力の低下と姿勢の悪さにあります。

また最近ではスマホを長時間使用する人が増え、スマホを使っている姿勢の悪さが、腰痛や肩こりを引き起こすと言われています。

肩こりは、筋肉疲労や同じ姿勢のしすぎで肩周りの血行不良が原因で起こります。

スマホを持って文字を打っている姿勢を鏡で見てみてください。

首が少し前に傾いていませんか?

実は首が前に15度傾くだけで、首に12kgの負荷がかかるのです。

30度で18kg、45度になると22kgの負荷がかかるので、小さな子供が首の後ろにくっついていると考えると、首を前に傾けることは想像以上に負担がかかるようです。

 

まずは首を前に傾けない様な姿勢を心がけることも大切です。

またストレッチや筋力トレーニングを行うことで首や肩の筋肉をケアすることができます。

 

そして腰痛は、腰部脊柱管狭窄症、椎間板ヘルニア、そして原因不明の腰痛が三大腰痛と言われていて、多くの腰痛はこの3つの中に当てはまります。

 

腰部脊柱管狭窄症は、脊柱管が狭くなって神経が圧迫されて痛みや痺れを感じます。

椎間板ヘルニアは、背骨と背骨の間のクッションをしている脊椎板の中身が飛び出してしまい、神経を圧迫して痛みを感じます。

 

肩こりも腰痛も、しなやかな筋肉を獲得することで、痛みを軽減することができます。

ですので毎日ちょっとした隙間時間を見つけてストレッチや筋トレを取り入れる様に心がけてください。

少しづつでも続けることで筋肉がしなやかになり、少しづつ改善されていきますよ。

レクタングル大

レクタングル大

-背中のこと

Copyright© 肩甲骨と背中の悩み解消.com , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.