肩甲骨と背中、肩の悩みと言えばコリと痛み。原因の解消とエクササイズで、コリと痛みの悩み解消情報まとめ

肩甲骨と背中の悩み解消.com

肩甲骨の話

肩甲骨まわりをほぐしてホームエステしましょう

投稿日:2016年11月11日 更新日:

Pocket

肩甲骨まわりをほぐして、柔らかくすることはエステでも注目されています。

顔からデコルテ、肩甲骨まわりは繋がっているため、エステに行くと肩甲骨まわりもしっかりほぐしてもらえます。

2016-11-20_16h21_41

 

また、今では一般的になったブライダルエステでは、エステというだけあって、顔をメインにしているのかと思いきや、実は肩甲骨や背中を中心にしっかり施術を行うのです。

 

なぜかというと、露出の多いドレスを着た時の印象は、鎖骨や背中に現れるのです。

ですので、しっかりと背中を中心に肩甲骨、そして鎖骨などをケアしています。

鎖骨の周りにぷよぷよしたお肉があると、なんだかがっかりしますよね。

やっぱり肩甲骨がしっかり見えて、背骨がキュッと締まっている花嫁さんをみると、ドキッとしてしまいます。

ブライダルエステでも取り入れている肩甲骨まわりのエステを自宅でも簡単にセルフケアできる方法があります。

今回は、鎖骨まわりと、肩、肩甲骨まわりのホームエステをご紹介いたします。

 

●鎖骨まわり

首の老廃物を流してフェイスラインをスッキリ!

1.鎖骨の下の部分を3秒づつ、内側、真ん中、外側と親指で押します。

2.鎖骨の上の部分も同じように3秒づつ、内側、真ん中、外側と親指で押します。

 

次に、握りこぶしを作り、鎖骨の下をほぐします。

1.握りこぶしを右手で作り、拳の外側を使って左の鎖骨の下をくるくると回します。

これを内側、真ん中、外側で行います。

2.反対側の手も同様に握りこぶしを作り、右の鎖骨の下をくるくると回します。

次に首と肩をつなぐ筋肉をほぐします。

1.耳の後ろから鎖骨に向かって、握りこぶしの第二関節で、耳の後ろから鎖骨に向かってさすります。

2.痛きもちいくらいの強さで行います。

 

●首のストレッチ

1.首を右回り、左回りにゆっくりと、筋肉の動きを意識しながら回します。

2.各3回行います。

 

次に首の後ろのストレッチ

1.両手を後頭部に当てて、手の重みで頭を下げていきます。

2.後ろの筋肉が伸びていることを感じながらゆっくり動かします。

10秒間静止します。

 

首の前を伸ばすストレッチ

1.両手を合わせて、人差し指を顎の下に置き、顎の筋肉が伸びるように、頭を後ろへゆっくり伸ばします。

2.この時に顎の筋肉がしっかり伸びていることを意識して伸ばします。

3.10秒間静止します。

 

首の左右の筋肉を伸ばすストレッチ

1.右手を左耳の上に置き、頭を右にゆっくり倒します。

2.10秒静止します。

3.反対側も同じように伸ばします。

 

●肩甲骨ストレッチ

1.両手をそれぞれ肩の上に乗せます。

2.大きく円を描くように回します。

この時、肘がくっつくイメージで行います。

3.5回まわしたら、同じように反対に回します。

1.左手の甲を背中につけます。

2.反対側の手で、肘を前にひっぱります。

この時肩甲骨のあたりが伸びているのを感じながら行います。

3.10秒静止します。

4.反対側も同じように行います。

 

これらのストレッチを行うと、背中がポカポカし血行が良くなります。

すると、固まっていた筋肉がほぐれてきます。

 

毎日続けると、肩まわりや肩甲骨まわりがすっきりします。

ぜひ試してみてください。

Pocket

レクタングル大

スポンサードリンク

レクタングル大

スポンサードリンク

人気記事の一覧

人気記事の一覧

人気の記事一覧

-肩甲骨の話

Copyright© 肩甲骨と背中の悩み解消.com , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.